FC2ブログ

かるゐはこ

フィギュア撮影とか

やまと Creators' Labo #012 のんのん

山下しゅんや_のんのん_フィギュア_01

やまと
Creators' Labo #012 のんのん
1/6スケール (全高235mm)
原型製作 吉沢光正 (REFLECT)
2007年09月発売
価格 7,140円(税抜)

山下しゅんや_のんのん_フィギュア_02 山下しゅんや_のんのん_フィギュア_03 山下しゅんや_のんのん_フィギュア_04 山下しゅんや_のんのん_フィギュア_05
全身

山下しゅんや_のんのん_フィギュア_06 山下しゅんや_のんのん_フィギュア_07
アップ

山下しゅんや_のんのん_フィギュア_08 山下しゅんや_のんのん_フィギュア_09 山下しゅんや_のんのん_フィギュア_10
色々


【お気に入りポイント】
・高いクオリティ
・肉感的な下半身の造形

【残念ポイント】
・頭がデカイ
・眼のハイライトが小さいのと視線が僅かにズレてる

【感想】
造形、塗装ともに細部までとても良く出来ています。
脚はABS製で傾き対策がされています。
大きな台座は模様も凝っており、材質はプラだが中国の陶器のようで作品ともよく合っています。
デコマスと比べるとアイプリがちょっと怖い感じもします。
今度はもう少しカワイイ感じの背景で撮影してみようと思います。

このフィギュアは07年に発売され、08年に再販、09年にカラバリでくろのんのんが発売されました。
今回撮影したフィギュアは初版です。
のんのんは製品化する際に一部改修されてミニスカになっています。
元の作品は原型師の吉沢光正氏のHPで見ることができます。

久しぶりに箱から出したら可塑剤でヌルヌルになっていました。
シルバーの上からクリアイエローで再現した金色の塗装の場合、密閉して保管していると
可塑剤でクリアイエローが溶けだして放っておくと肌が黄変してしまいます。
ヌルヌルの取り方は、可塑剤が油なのでアルカリ性溶液に浸すことで分解出来るそうです。
具体的には、重曹水に半日ほど漬けたり、弱アルカリ性のボディウォッシュで洗ったりして
その後よく水洗いをしてしっかり乾かすと良いそうです。
今回私はダヴのボディウォッシュで洗いましたが、ヌルヌルもしっかり取れて綺麗になりました。
前より少しお尻が黄ばんでたり金塗装がブロンズになったりしましたが、早期発見のためこの程度で済みました。
フィギュアを箱に入れたまま長期保管する場合は定期的に確認した方が良さそうですね。

【撮影機材】
カメラ:E-PL1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
ライト:フォトラ
背景:レザック66 (ホワイトグレー)




テーマ: フィギュア  タグ: やまと のんのん 吉沢光正 REFLECT 山下しゅんや

  1. 2011/12/02(金) 00:00:00|
  2. フィギュア
  3. | コメント:0
<<アルター 爆裂天使 セイ | ホーム | 海洋堂 Wonder Showcase Plus キャミィ オーセンティックホワイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

アルバム

フィギュア一覧

2015年まとめ
2012年まとめ
2011年まとめ

プロフィール

ヰロキチ


Author:ヰロキチ
撮影機材→
リンクフリー





にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村

検索フォーム

カテゴリ

フィギュア (76)
撮影機材 (1)
雑記 (0)
気になるフィギュア (1)
おすすめ撮影機材 (1)
おすすめ本 (1)

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カウンター